2221blog

買ってよかったもの、雑記、観て良かった映画など書いています。専門性はまだ低めですが、信憑性は高い記事を目指しています。

ピアノ歴12年が選んだ電子ピアノ『KORG LP-180』レビュー。おすすめできる安心の『弾き心地』

\\記事が役に立ったらシェアお願いします//

KORG LP-180


電子ピアノほしいなぁ…
久しぶりにピアノ弾きたいなぁ…


仕事や子育てでピアノから離れていた。
少しゆとりができたからまたピアノ弾きたい。
子供と一緒にピアノを楽しみたい!

そんな思いから、わが家も電子ピアノを購入しました。

妻と同じように「またピアノ弾きたい!」というあなたに、「買ってよかった」電子ピアノをご紹介します。



ピアノ歴12年の妻がゆずれないポイント「生ピアノに近い鍵盤の重み」を重視し、最終的に選んだのはこちら、『KORG 電子ピアノ LP-180』です。

いきなり結論になりますが、本格的にピアノをやってた人でも満足できる弾き心地


お手頃なお値段なのに安っぽさはなく、むしろ所有欲を満たしてくれる
KORG LP-180で「本来の輝く自分」を取り戻せるはずです。




【KORG 電子ピアノ LP-180 88鍵】

1.『KORG LP-180』とは

KORG LP-180


株式会社KORG(コルグ)はシンセサイザーやデジタルピアノなど電子楽器を製造、販売している会社です。
本社所在地は東京都稲城市。

1.1「BCN AWARD 2019」電子ピアノ部門 最優秀賞受賞

2018年の累計販売数量1位を表彰する「BCN AWARD 2019」の電子ピアノ部門において、コルグは年間販売シェアトップを達成し、2年連続で最優秀賞を受賞しています。


そしておそらくみんな1度は聴いたことある名曲「渚のアデリーヌ」が有名な「リチャード・クレイダーマン」も、KORGを愛用
彼もKORGの弾き心地を気に入っているのだとか。
「渚のアデリーヌ」はyoutubeですぐに探せます

1.2 KORGを選んだポイント


お手頃価格と言ってもけして安い買い物ではないので、慎重かつ丁寧に下調べしました。
比較したのは河合楽器YAMAHAの電子ピアノ。


比較したのはコレ!
KAWAI カワイ デジタルピアノ / CN29
ヤマハ 電子ピアノ YAMAHA ARIUS YDP-143R


楽器店も3店舗くらいまわりましたが、決まらずネットを検索。
そこで見つけたのが口コミの良い『KORG』。

リチャード・クレイダーマン」が愛用してることも安心できたポイント。

あとは、マンション住みなのでご近所に迷惑がかからないように音量調節ができること。
ヘッドホンが接続出来ることも必須条件でした。

1.3『KORG LP-180』スペック

KORG LP-180

メーカー型番 LP180BK
カラー ブラック
スピーカー数 2
出力ワット数 20 W
鍵盤 88鍵(A0~C8)ナチュラル・ウェイテッド・ハンマー・アクション(NH)鍵盤
音色 10音色
デモ・ソング 10曲
最大同時発音数 120音
出力端子 ヘッドホン x2(ステレオ・ミニ端子)
MIDI端子 OUT
電源 ACアダプター(付属)
外形寸法 1,365 (W) x 274 (D) x 781 (H) mm(スタンド、突起物含む)
重量 23.3 kg(ペダル・ユニット除く)
付属品 ACアダプター、専用一体型スタンド、ペダル・ユニット、ペダル接続コード

 スマホはスクロールできます 

2.『KORG LP-180』おすすめポイント3つ

実際に使ってみて良かったおすすめポイントを3つご紹介。

2.1 鍵盤のタッチ感覚が良い

妻曰く、鍵盤のタッチは重い方がいいらしく、KORG LP-180は軽くなく重い。そのタッチ感覚が生ピアノに近いみたいです。
※ 重いですが子供でも充分に押せる重さなのでご心配なく。

2.2 子供と一緒に楽しめる

うちの4歳の娘も妻の厳しい?指導で「キラキラ星」や「犬のお巡りさん」を覚えて楽しんで弾いております。
最初はうまくできなくて泣いていましたが、今では娘もピアノ好き。
最高の親子コミュニケーションツールになっています。

2.3 カバー付き


商品によっては鍵盤カバーがないもあります。
【ピアノを大切に扱う】という意味でもカバーは必須。

ホコリから鍵盤を守り、弾いたあとはありがとう!という感謝の気持ちでカバーを閉じる。
色んな意味でカバー付きをおすすめします。

3『KORG LP-180』デメリットと購入時の注意点

3.1『KORG LP-180』デメリット


電子ピアノなので音の強弱がつけづらい、音色の違いなどやっぱり本物の生ピアノとは違うということ。
あくまでも趣味で楽しむ用。

より本格的を求める人は電子ピアノではなく、「アップライトピアノ」を購入しましょう。

3.2『KORG LP-180』購入時の注意

 重量は23kgあります。
下記条件をチェックしましょう。

  • ①配送業者さんが部屋まで運んでくれるか。
  • ②組み立てまでやってくれるか。
  • ③せっかくなら椅子もセットで買う。


KORGを取り扱うショップによって①、②、③の条件は違うので、しっかり確認しましょ。
重くて大きいので組み立ててもらった方が良いと思います。

4.『KORG LP-180』まとめ


【まとめのポイント】

 鍵盤が重くて弾き心地が良い
 マンションでも安心
 親子で楽しめる
 家の中にピアノの音色が流れるだけで幸せ


「本来の輝く自分」を取り戻せるKORG LP-180をご紹介しました。

子供と一緒に明るい未来を築いていきましょう😊
生ピアノに近い弾き心地が最高!買って失敗しない!電子ピアノなら コレ! です。